記事作成でお小遣い稼ぎ!初心者でも稼ぐコツ

記事作成

記事作成(ライティング)は主にウェブサイトの記事を作成するお仕事です。
自宅で副業をしたいと思っている人の中で、書くことが好きな人や興味のある人は記事作成は向いているかも知れません。

記事と言ってもジャンルは幅が広く、専門性が高いジャンルの記事を書く場合はそれなりの知識が必要です。

「記事なんて書けるか心配…」
「経験が無くても始められるの?」
最初はみんなそう思いますが、記事作成は数をこなしていくうちに意外と慣れてくるものです。

ここでは記事作成で副収入を得るためのコツや、記事作成のメリットデメリットなども紹介したいと思います。

記事作成の副業としてのメリット

記事作成(ライティング)の仕事としてのメリットは副収入が貰える以外にもあります。
自分のスキルの1つにもあるため、そういった意味でもおすすめできる副業の種類です。

記事作成のメリット
  1. スキル不要で初心者からでも始められる
  2. 基本在宅での仕事なので移動が無い
  3. 空いた時間で作業できる
  4. 調べることで知識が増える
  5. 文章能力が向上する

スキル不要で初心者からでも始められる

パソコンで作業する女性大学で文学部などを出ていなくても、今までに編集の仕事や物書きの仕事をした経験がなくても、書くことが好きならできるスキル不要の仕事です。
そのため、初心者でもすぐにできる仕事の1つです。

ただし、それぞれの記事依頼先との約束事を守ることや、納期を守ることができなければなりません。

基本在宅での仕事なので移動が無い

記事作成のお仕事は基本的に在宅での仕事が多いのも嬉しいところです。
もちろん会社に出勤して記事を作成するお仕事もありますが、ほとんどは自宅にいて依頼された記事を納期までに納品するという流れとなります。

そのため、メールでのやり取りで依頼を受けたり、納品をしたりします。
※最近はチャットワークでのやり取りするケースも増えてきています。

空いた時間で作業できる

記事作成の仕事は納期が決められているものが多いですが、逆に言えば納期までは自由に空いた時間で作業することができるのです。

そのため、納期さえしっかり守ることができれば、1つの記事にどれだけ時間をかけても、いつどこで作成しても基本的には何の問題もありません。

副業の方であれば本業の仕事が終わった後や、休みの日の暇つぶしとして記事作成をして副収入を得ることが可能です。

調べることで知識が増える

記事の内容は自分の知らないこともたくさんあります。
知っていることであっても正確性が求められることもあり、インターネットや書籍などでしっかり調べながら執筆します。

そのため、記事を書くにはそのジャンルやテーマのことをある程度理解し、その中で大切なことをまとめて記事にしていく必要があります。
自分がまったく興味のなかったことも知識としてどんどん増えていくため、物知りになれるというメリットもあるのです。

文章能力が向上する

毎日記事作成をしていくうちに、だんだん文章力が高まり、読みやすい文章から分かりやすい文章へとスキルが向上していきます。

特に初心者として依頼を受けた場合、スキルアップを感じてもらえないとクライアントから依頼が徐々に少なくなるということもあるのです。

どのレベルまでクライアントが求めているかによって違ってきますが、クライアントのニーズにより高く応えるためには、読みやすく、分かりやすい文章を書く努力をすることも必要となります。

記事作成の副業としてのデメリット

メリットだけでなくデメリットも紹介しておきます。
記事作成の副業を始める前に一度チェックしておいてください。

記事作成のデメリット
  1. 報酬単価は低め
  2. 慣れないジャンルの記事は時間が掛かる
  3. クライアントによっては修正回数が多い場合も

報酬単価は低め

記事作成の単価はクライアントによって様々ですが、基本的には高くはありません。

1文字単価で0.2円~1円程度と言われていますが、一番多いのが0.3~0.5円程度です。
つまり1000文字の記事でも200円~1000円ぐらいであり、特に多い単価で換算すると約300円~500円というところです。

記事に責任を持ち、人の記事をコピペせず、分かりやすく相手に伝えるという文章を書くことが重要であり、この価格が安いか高いかはその人の判断にもよりますが、大量に記事を作成しなければ納得できる報酬には届きません。

クラウドソーシングサイトで受ける場合は、プロジェクト形式とタスク形式がメインの仕事方法となりますが、特にタスク形式は誰でも仕事がしやすい分単価は低めとなっています。

慣れないジャンルの記事は時間が掛かる

自分のまったく知らないジャンルというのは、逆に言うと苦手なジャンルということです。
そういうジャンルの記事を書くときには、ある程度そのジャンルのことを知るための時間が必要になります。

例えばまったく分からないときには数時間掛けて、ネットなどを見ながらまず自分がある程度の理解ができないと記事は書けません。

「記事単価も安いし調べている時間は少し無駄かな」
と思う方も少なくありませんが、長い期間記事作成の仕事をしていくためなら知らないジャンルのことを調べる時間はとても大切となります。

時間をかけて理解したことに関しての記事は、これからどんどん楽に書くことができるようになり、得意なジャンルが増えていくことで記事作成の仕事がやりやすくなるのです。

クライアントによっては修正回数が多い場合も

修正依頼が入ることがありますが、修正回数が多いクライアントと少ないクライアントがあります。

もちろん自分のミスが多いか少ないかが基本となりますが、凡ミスのような小さなミスに関してはクライアントがチェックして修正してくれるところと、凡ミス程度でもすべて修正させるというクライアントがいることも確かです。

記事作成をする立場では修正におおらかなクライアントの方が有り難いことは事実ですが、厳しいクライアントの下で働いた経験のある人は、ミスが少なくなるというメリットもあるので、自分磨きのためにはそんなクライアントがいてもいいのかも知れません。

初心者でも記事作成で稼ぐコツ

数をこなしてまず文章を書くことに慣れる

初心者の場合は数をこなすことが大切です。
そこで価格は安めであっても、レベルがあまり高くなく数をこなせる仕事をして文章を書くことに慣れましょう!

数をこなすことでだんだん文章力も高くなっていきます。
もともとウェブライティングでは雑誌ライターのような高い文章力を求められるわけではありません。

読む人にとって読みやすく、大切なことをしっかりまとめて書かれているかが求められます。
そんな記事作成も数をこなすことで身に付いてくることが殆どです。

興味のあるジャンルの案件から書いてみる

初めからあまり知らない世界のことや苦手なジャンルは、時間ばかりかかって続かなくなります。

苦手なジャンルに挑戦することで、苦手から得意ジャンルに変わることもありますが、初心者のうちは調べることが多く理解も必要になるので、記事作成が嫌いになってしまう原因にもなることも。

初心者の人は自分がよく知っている、ある程度知識を持っているジャンルを選んで記事作成を行うようにしましょう!

気になる案件にはすぐ応募

クライアントから個人的に依頼されるという形式ではなく、大量に出た案件から自分のやりたいものを選ぶという形式であれば、とにかく気になった案件はすぐに応募するようにしましょう!

多くの登録者がいるので、書きやすいジャンルの記事から案件がどんどん無くなってしまいます。

難しいジャンルや特殊なジャンルは人気がありませんが、気楽なジャンルや分かりやすいジャンルはとても人気があり、案件が出て数分で無くなってしまうこともあるのです。

クラウドソーシングを利用している人は、常にパソコンでインターネットを繋いでいるため、新しい案件が出ていないかチェックしている人も多いです。

初心者にもおすすめの記事作成案件があるサイト

shinobiライティング

shinobiライティングCROCO株式会社が運営するライティングに特化したクラウドソーシングサイト「shinobiライティング」。登録して記事作成案件を発見したらすぐ仕事に取り掛かれるため、自分の作業量次第で報酬は増えます。やりたいジャンルだけ選べるのもポイントです。

サグーワークス

サグーワークスこちらもshinobiライティングと同様にライティングに特化した株式会社ウィルゲートが運営するクラウドソーシングサイト。プラチナライターテストという試験に合格すればさらに高い単価の案件に取り組むことができるため、ライティングに慣れてきた人にもオススメです。

まとめ

記事作成の副業について解説しました。
副業が社会的にも認められてきていますが、その中でもライティングはおすすめの副業の種類の1つです。

記事作成に慣れてきたら自分でブログなどを始めるとさらに副業で稼げる可能性も高まります!
是非頑張ってみてください!