不動産投資で稼ぐメリットデメリット

不動産投資

マンションやアパートなどを経営して不労所得を得られるのが不動産投資。
実質的な労働はほとんど必要ないのが不動産投資の最大の魅力です。

そのため、本業とは別に副収入を得るために不動産投資を始めるサラリーマンの方は少なくありません。

軌道に乗れば長期的に安定した副収入を得られますが、借り手が見つからない場合は損失が発生してしまう可能性もあります。

注意しなければいけないのが物件の選び方。
特に物件の立地が悪いと、どんなにキレイで住みやすいマンションやアパートでも借り手が現れないこともあります。

また、物件の購入する際のローンの選び方にも慎重になる必要があります。
自己資金が潤沢にある方であれば問題ありませんが、多くの方は不動産投資のためのローンを組むことになります。

利子・経費・家賃などの差額などをしっかり見積もっていく必要があるため、計算や数字にある程度強いことも必要です。
ちなみにお金を預けてプロに不動産投資を行ってもらうやり方もありますが、それを不動産投資信託とも呼びます。

必要なもの 投資資金・物件
必要なスキル 計算・数字に強いこと
行うこと 家賃や経費などの差額で利益を得る
収入 値上がり益

副業で不動産投資を行うメリットデメリット

メリット
不動産投資はリスクが高いと考えられることがありますが、的確な投資を行えば確実な資産運用になりますので副業としてもメリットがあります。
給与所得に加えて不動産所得も加わり、安定した収入を確保、更に本業を引退しても年金に加え不動産所得が加わり、より安定した生活水準を維持することもメリットです。
また、不動産投資によって発生した家賃収入は、不動産所得と給与所得と合算された後に課税されますので、節税に繫げられるメリットもあります。
これは必要経費として計上できる、管理費・物件の修繕費・共用部分などの運用に欠かすことができないものが挙げられ、この分が節税できることに繋がるのです。
加えて不動産投資は最初の物件選びだけで、後は家賃収入が入ってきますから時間的な制約がなく、本業にエネルギーを注力することができるメリットがあります。
デメリット
不動産投資を行った場合、管理を自分自身で行うか不動産会社に管理を委託するかどちらかです。自分で行う場合、本業の合間に行うことになり、休日などは物件のメンテナンスを行ったり清掃業者と交渉する仕事が発生します。
また、入居者同士のトラブルや家賃滞納者などへの対応も行う必要もあります。
不動産会社に委託すれば解決しますが、投資したリターンは確実に減りますのでデメリットと言えるでしょう。
加えて不動産投資を自己資金で行った場合はいいのですが、金融機関から融資を受けて行った場合、必ず決まったタイミングで返済しないとなりません。
もし投資した物件の入居者数が減り家賃収入が減ったとしても、金融機関への返済金額は変わりませんし、所得や自己資産を切り崩して返済に充てる必要があります。
その際金融機関から融資を受けていたら所有権は金融機関側にありますので、物件の売却はできません。
このようにリターンが少ないからといっても自分の判断で止められないデメリットもあります。

副業で不動産投資を行っている人の口コミ

アライさん
投資系の副業を考えていたのですが、株式投資やFXは知識的にちょっと乏しかったので不動産投資を始めてみることにしました。正直物件選びは難しかった…。いざ選ぶとなると不安になってくるものですね。ちなみに不動産屋選びはかなり重要です。
GGさん
入居者を入れるまでが大変でしたが、何とか今は落ち着いて実質“不労所得”を得られています。本業は会社員をしていますので、あくまで副業という形です。これから景気が変わって資産価値が落ちないことが心配ですが、ローンが組める人や資金がある人はやってみる価値はあると思います。

初心者のための関連サイト

不動産投資のセミナー

0円から始める不動産投資セミナー(プロパティエージェント株式会社)
1都3県(千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県)にお住まいの方、年収500万円以上の方、年齢満25歳以上~55歳以下の方が対象

失敗したくない人のためのマンション無料投資セミナー(株式会社ネクストファクトリー)
年収400万以上の方が対象。不動産業界で10年以上の経験を持つその道のプロが全国各地でセミナーを開催しています。

不動産投資会社

プロパティエージェント株式会社
1都3県(千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県)にお住まいの方、年収500万円以上の方、年齢満25歳以上~55歳以下の方が対象

株式会社クレアスライフ
クレアスライフグループは投資用マンションの販売や管理・運営を行っており、創業33年の実績がある不動産会社です。