投資信託で稼ぐメリットデメリット

投資信託

「株を買ってみたいけどどの株を買っていいのかわからない」
「株式投資をしてみたいけど初心者なので不安」
という投資初心者の人におすすめなのが投資信託。

投資信託はファンドマネージャーと呼ばれる投資の専門家にお金を預けて、自分の代わりに株や債券などの運用を任せる投資です。
通常の自分で行う株式投資とは違い、どの株を買うかはプロが判断してくれるため、自分で株を選ぶ必要はありません。

ファンドマネージャーの投資が成功した場合、投資者は投資した金額に応じて利益を得られます。
プロが運用するとは言え、株の動きを完璧に読むことは不可能なので100%成功するものではありません。

購入した株価が下がり、損失を出してしまう可能性もあるため、そこは理解しておきましょう。

投資信託は株の勉強ができる機会でもあります。
まずは勉強や経験を積むために投資信託を利用し、後々は自分で投資が行えるようにしていきましょう。

また、近年はファンドマネージャーではなくロボットにお金を預けるロボット投資を行う人も増えています。

必要なもの 投資資金
必要なスキル 特になし
行うこと ファンドマネージャーに委託する
収入 値上がり益

副業で投資信託を行うメリットデメリット

メリット
投資信託は資産運用に有用な商品で、サラリーマンなどが副業で行なうときはその有用性が際立ちます。
まず1万円程度の少額の投資から始められ、リスク分散が可能というメリットを挙げることができます。
株などは株価の上がり下がりに常に注目しておかないと損をしてしまうことがありますが、投資信託であれば情報収集や投資判断をプロに任せられます。
これにより投資判断などに時間が割かれませんから、本業に集中することができ、仕事へのエネルギーを圧迫しません。
また、投資対象が国内外の株式・債権・不動産など幅広いため、大きなリターンが得られる可能性が広がります。
運用状況などは報告書や週次・月次のレポートで知ることができますから、時間があるときにそれらの運用情報で次の投資計画をじっくり練ることも可能です。
自分で株を購入したら1日単位で一喜一憂しますが、投資信託はこれがほとんどなく、次の入念な投資計画を立てることができますので、副業としてピッタリな投資と言えます。
デメリット
投資信託を行なったからといっても、必ずしも儲けが出るとは限りません。儲けが出るとしても、約定金額は注文時には分かりません。
それから運用は投資信託会社の腕次第の部分があり、実際に投資している人の意思が反映されにくい点もデメリットと言えるでしょう。
元本も保証がなく、購入時や解約するときにも手数料がかかるマイナス面もあります。
そして投資信託の一番のデメリットは運用や管理費と言われる信託報酬がかかる点でしょう。
なるべくこれらのコストがかからない商品を選ぶことが重要ですが、これは長期保有が前提ですので、すぐにリターンが見込めないこともデメリットです。
やはりサラリーマンが副業で行なうのですから、すぐに結果が出る株やFXに比べると投資に見合わないと感じる人もいると思われます。
しかし投資信託は分散投資ができる商品で、大きなマイナスが出ないことも魅力ですから、副業として行うには良い商品であると言えます。

副業で投資信託を行っている人の口コミ

タナベさん
同僚も副業で投資信託をしていて、誘われる形で投資信託を始めてみました。自分は教えてくれる人がいたので助かりましたが、初心者であればまずうかつに勧誘に飛びつかない方がいいです。なるべく少額からスタートし、購入商品はできるだけ分散させていく方がいいと思います。
SHOGOさん
普段は会社でサラリーマンをしていますが、投資信託で副収入を得ています。殆ど作業らしい作業がなく、専門家に任せている形なので楽と言えば楽です。自分で株式投資をするよりはリスクが低いのが魅力。初心者の方はなるべく知名度の高いファンドを利用した方が安心して任せられると思います。

おすすめの投資信託(ファンド)

楽天証券

楽天証券日本最大級のインターネット・ショッピングモールを運営する楽天グループのインターネット証券。

マネックス証券

マネックス証券マネックス証券株式会社は、マネックスグループ株式会社の完全子会社で、証券業を営む株式会社。

SBI証券

SBI証券国内最大級の証券会社の1つ。ネット証券としてはNo.1の口座開設数を誇ると言われています。多機能な情報ツールもあり。

ひふみ投信

ひふみ投信レオス・キャピタルワークスが設定・運用・販売を行う投資信託。最優秀ファンド賞を受賞した実績もあり。