写真販売で副業するメリットデメリット

写真販売で副業

インターネット上にある写真素材サイトを通して写真販売をすることで収入を得ることができます。
ホームページに掲載されている写真には他で見ることがないものが多いですが、このような写真はある一定の基準の審査をクリアした一般の人が撮影したものを販売しているところから購入しているものがほとんどです。

デジタルカメラで撮影するのはもちろん、最近ではスマートフォンに内蔵されているカメラの性能も素晴らしいものが多いので販売できるレベルのクオリティを出すことが簡単に出来ます。
プロのように構図や被写体にこだわる必要がなくSNSの普及によって写真を撮る機会自体が増えているので副業を考えている人にとっては始めやすくなっています。

旅行先や日常の中で写真を撮ることが趣味な人におすすめなのが写真を販売する副業です。
写真が暗かったり汚れがある場合はある程度修正する必要することで売れやすくします。
後々は修正するレタッチのスキルも身に付けることをおすすめします。

必要なもの カメラ(スマートフォンでも可)
必要なスキル 特になし
※レタッチの技術があると有利
行うこと 販売サイトに写真の投稿
収入 1件あたり数百円~数千円

写真販売のメリットデメリット

メリット
何といっても手軽に始められるのが大きいです。
ほとんどの人は毎日スマートフォンを持ち歩いていると思うので、なんでもない日常の風景や野良猫の写真などの目に映っただけのものに対しても思いもよらないほどの需要があります。

旅行に行った際の記念写真のようなものでも利益につながるものがあります。
自分が旅行を楽しむと同時にそこの景色を撮影することで、写真を買う側から見れば見たことのない新鮮な素晴らしい写真となります。
特に海外旅行の際には自分の思い出用の写真以外にも販売用の写真を撮影しておくと意外な副収入となります。

いろんなアプリが存在するので写真の加工も簡単に行うことが出来、被写体が限定されることがなく自由に決めることが出来るので継続的に作業しやすく、高い評価を得られればそれだけ高額な報酬を受けられるのでモチベーションを保つのも容易です。

また、販売する際に面倒なやりとりもなく、ユーザー自身がサイトから購入するという自動販売のような仕組みもメリットです。

デメリット
写真を販売するサイトはいくつもあり、その数だけ販売している写真の数が多いので埋もれてしまい全く収入につながらないということがあります。
趣味程度に考えている分にはいいのですが、生活のために収入を得ようとなるとセンスやオリジナリティーがある写真でないといけません。

サイトによってはプロの写真家が販売しているところもあるので、そのような方たちと比べられてしまうとどうしても太刀打ちできません。

また、写真一枚辺りの単価も安価なため収入を得るためには多くの写真を撮影しなければならないのでその分時間を割かれてしまいます。
売れる写真のために流行しているものや場所やものを調べるのが有効なのですが、わざわざ興味のないものを調べて出向いて撮影すると言う点も手間に。

肖像権や著作権にも気を付けなければならず人物や歴史的建造物を撮影する際には注意が必要です。

副業で写真販売をしている人の口コミ

めぐさん
写真を好きで撮っているのですが、これで副収入を得られないかと思った時に写真販売サイトがあることを知りました。サイトへの登録は簡単なので同じように写真を好きで撮っている人は試してみても良いと思います。ただ審査があるので必ずしもその写真が販売できるとも限りませんが。
こばやしさん
もともとインスタに写真を投稿することが好きだったので写真販売サイトにも登録してみました。1枚あたりの単価は高くないので副業として大きくは稼げませんが、それでも自分の写真がダウンロードされた時は嬉しいですね。続けているとどんな写真が売れやすいかも何となくですがわかってきます。

写真販売ができるおすすめサイト(アプリ)

スナップマート(Snapmart)

スナップマートアプリとして利用可能なのでスマートフォンで撮影した写真をそのまま販売できます。購入ユーザーも多く投稿した写真が売れる可能性も高いです。
スナップマート

Adobe Stock(アドビストック)

アドビストックFotoliaという写真販売サイトのリニューアルになるのがこのAdobe Stock。Fotolia時代から利用ユーザーも多く知名度が高いサービスです。
Adobe Stock

PIXTA(ピクスタ)

ピクスタ素材販売サイトとして知名度が高いサイトの1つです。写真販売時の審査が厳しいという口コミもありますがクオリティの高い写真が集まっているサイトです。
PIXTA

Shutterstock(シャッターストック)

シャッターストックピクスタ同様に知名度が高く老舗素材サイトの1つです。審査も厳しいのである程度クオリティの高い写真が撮影できる人におすすめのサイトです。
Shutterstock