治験モニターの副業!仕事内容やメリットデメリットを紹介

治験モニター

治験とは国から新薬の承認を得るために臨床実験を行いますが、その際に新薬の効果や安全性を確認するための代行モニターです。

風邪薬や胃薬といった薬などから、サプリメントや化粧品など治験する製品は様々。
中には健康器具といった場合もあります。

治験モニターにも大きくわけて2種類あり、比較的拘束時間が短い通院するタイプと、長期間拘束される入院タイプがあります。

応募条件もある程度設けられていることがあり、全員が参加できるわけではないですが報酬はかなり高め。
中には1~2週間で数十万の報酬の場合もあります。

また、報酬以外にも社会貢献を実感できたり、自分の健康を見つめなおすキッカケになったという人もいるようです。

治験モニターは専門のサイトで募集しているため、そちらから応募する流れとなります。

所要時間 1日~数ヶ月
目安日給 数万円~数十万円
必要なスキル スキルは必要ないが応募条件が設けられている
勤務地 自宅、または指定された医療機関

治験モニターのメリットデメリット

メリット
一番のメリットはとにかく報酬が高めということ。案件にもよりますが、1~2週間で数十万の報酬というのも中にはあります。
そのため、副業の人はもちろん、お金に困った人達が応募することも少なくありません。
また、治験モニターはある程度生活のリズムを指定されることが多いため、自然と規則正しい生活を送ることになります。
健康への意識が高めることも治験モニターのメリットと言えます。
デメリット
規則正しい生活を送れるというのがメリットとお伝えしましたが、逆を言えば拘束されるような形となるため、それがデメリットに感じる人もいます。
また、応募するためには治験モニターの応募条件を満たさなければいけないため、全てに誰もが応募できるわけではありません。
医療機関の治験のため安全性は確保されていますが、副作用も無いとは言い切れない部分があることも事実です。

治験モニターを経験した人の評判や口コミ

ブルージーンさん
健康状態には自信があったのですが、やはり治験となると若干不安はありました。
自分の場合はとくに副作用も無く終了。治験している期間はけっこう時間を持て余すので時間潰しが大変です。
1週間ほど入院しましたが、報酬は10万円ほど貰えました。大学生や時間のある方におすすめのアルバイトだと思います。
ノラネコさん
化粧品のパッチテストで治験モニターのアルバイトをしました。3日ほど指定された施設に伺い、約2時間くらい拘束されます。
薬などの治験は副作用が怖くてできなかったですが、パッチテストくらいであれば大丈夫だと思ったので応募しました。
報酬は3日の約6時間で1万円(交通費込み)です。おかげさまで良いお小遣い稼ぎになりました。

治験モニターに登録できるサイト一覧

JCVN

JCVN10年以上の実績がある老舗治験ボランティア。薬だけでなく健康食品や化粧品など幅広く案件を扱っています。
詳しく見る

クリニカルボランティアサポート

クリニカルボランティアサポート美容・健康・臨床モニターの募集をしている会社。日本各所で募集を行っているため地方在住の方でも応募可能です。
詳しく見る

ニューイング

ニューイング15年の実績を持つ臨床試験・治験の情報サイト。最新の臨床研究・臨床試験・治験の募集案件が掲載されています。
詳しく見る

ここからだ

ここからだトクホ(特定保健用食品)の臨床試験モニターを募集しているサイト。薬などの治験が不安な方はこちらがおすすめ。
詳しく見る