モーニングコール代行の副業!仕事内容やメリットデメリットを紹介

モーニングコール代行

朝依頼された時間に電話をかけて依頼者を起こしてあげる代行サービス。
「目覚まし時計やアラームだけでは不安」
「明日の朝は絶対起きなければいけない」
という人、主に男性が利用する場合が多いです。

スマートフォンや時計のアラームではなく人の声で会話することで、より脳が刺激されてしっかり目覚めることができると独身のサラリーマンを中心に利用する人が増えています。

主に朝が業務時間となるため、比較的朝に時間がある人におすすめの副業です。
朝5時頃から9時頃まで、特に6~7時頃に集中します。

電話をかけ、依頼人が出ることで成果の対象となるシステム(歩合制)となっています。
1件あたりは50~100円が相場です。

見ず知らずの他人で電話することになりますが、モーニングコールをかけた際に
「今日もお仕事頑張ってください」
「今日は雨予報なので傘を忘れずに」
などと一言かけてあげると喜ばれます。

朝から気持ちよく1日がスタートを切れるようにやさしく起こしてあげましょう。

所要時間 数分
目安日給 数百円
必要なスキル 自分が朝しっかり起きれること
勤務地 自宅

モーニングコール代行のメリットデメリット

メリット
勤務先に出向く必要がなく、自宅でできる副業の1つです。
案件数にもよりますが、業務時間も朝の時間帯だけなので短め。本業に支障が出にくいというのも副業としてのメリットです。
電話さえあれば始められる副業なので、特別なスキルや初期費用が掛かることもありません。
通話時間も基本的に1分未満なのでストレスも感じにくいです。
デメリット
1件あたりの単価は安く、案件数にも限りがあるのであまり高額な副収入は望めません。
また、採用されるのは20~40代の女性が中心となるため、男性がモーニングコール代行を行うのは難しいです。
提携する企業によっては電話代が個人負担になることも。ただしLINEなどの無料通話アプリを使用することも可能です。
求人自体は常にあるわけではないので、こまめにチェックしておく必要があります。

モーニングコール代行を経験した人の評判や口コミ

なつきさん
モーニングコールをかれこれ1年くらい続けていますが、だいたい月2~3万円くらいの副収入になっています。
仕事自体は自宅でできるので他にアルバイトへ行くよりも全然楽です。
子持ちの主婦の人は難しい方も多いかと思いますが、私のような独身であればぜひおすすめできる副業だと思います。
RRRさん
自分自身は絶対寝坊できないので毎朝緊張感がありました。
この仕事をしていた時は仕事帰りの飲みの誘いなども断るときも多かったので、そういったデメリットもあると思います。
電話を掛けた相手が不快な気持ちにならないように朝声の調子を整えることもけっこう大変でした。

モーニングコール代行のバイトを探せるサイト一覧

タウンワーク

タウンワーク言わずと知れた全国のアルバイト・パート情報を掲載している求人サイト。求人をこまめにチェックしておきましょう。
詳しく見る

フロム・エーナビ

フロム・エーナビ日本最大級のアルバイト・パート求人情報サイト。モーニングコール代行の求人も時折募集されています。
詳しく見る

モーニングコールどっとコム

モーニングコールどっとコムモーニングコール代行を専門に行う老舗会社。新規コールメイトを募集している際は応募してみましょう。
詳しく見る

モーニングコール娘

モーニングコール娘モーニングコール代行を専門に行う会社。「コール娘のアルバイト募集について」から応募可能です。
詳しく見る