CFD(差額決済契約)で稼ぐメリットデメリット

CFD(差額決済契約)

CFD(差額決済契約)とは世界中の金・銀・銅・プラチナ・原油など品物の買値と売値で取引をする投資のことです。
実際に現物を所有するのではなく、品物の売値と買値で取引してその差額で利益を得ます。

国内の知名度はまだ高くはありませんが、FXの商品バージョンとして注目されていて、世界的には既に知名度は高く、日本でも徐々にサービスが開始されています。

特徴としては投資商品が非常に豊富で、証拠金取引であるためレバレッジをかけた取引が可能であること。
株価指数や金・債券など投資できる対象が多い上、少ない資金でも始められることも魅力の1つです。

ただしリスク管理はしっかり行うことも需要で、場合によっては大損失を被る可能性もあります。

CFDの取引はクラウドサービスで行うため、自宅で始められるため、本業とは別に副業としても取り組みやすい投資です。

必要なもの 投資資金・インターネット環境・CFD会社の口座
必要なスキル 特になし
行うこと 金・銀・銅など金融商品の取引
収入 値上がり益

副業でCFDを行うメリットデメリット

メリット
CFD(差額決済契約)は少ない資金で高額の利益を得ることができる投資方法として注目されています。
通常の株式取引の場合にはその価値に対する資金を準備し取引を行なわなければなりませんが、CFD(差額決済契約)の場合には契約に当たり証拠金を支払うことでその証拠金の金額を超えた金額の取引を行う事ができる仕組みとなっているのです。
この方式はレバレッジ取引とも言われており、資金が少ない時などにより多くの利益を得たい場合などに適用されるほか、少額の投資で効率的な取引を行いたい場合などに利用されているのが通例です。
FXなどではレバレッジ方式は一般的に取り入れられていますが、これも少額の投資でより多くの効率的な取引を行う事ができる仕組みを利用しており、効果的に資金を増やすことができる方法として注目されています。
デメリット
少額の証拠金で多額の利益を得ることができるのがメリットですが、対象となる銘柄の価値が下落した場合などは証拠金以上の損失となってしまうことがあります。
場合によってはその損失の金額を補てんしなければならない場合も発生する為注意が必要となります。
レバレッジは投資の際に資金の金額を超えた銘柄の購入をする事ができ、その銘柄の価値が高まることでより多くの利益を得ることができるのがメリットとなっています。
しかし、損失となった場合にはその金額を支払うことになってしまうためその損失が証拠金の金額を超えてしまった場合にはその不足分を支払わなければならなくなってしまうのです。
その為、CFD(差額決済契約)を利用する場合には損失となった場合のリスクを十分に考慮した上で投資額や投資対象を決めることが重要です。

副業でCFDを行っている人の口コミ

たけしさん
本業の合間でCFDを行っています。通常のFXとはまた違った形式なので個人的には楽しみながらやっています。ただし大損失が恐いのであまり大きな金額を投資していません。CFD関連の情報もまだ少ないのでしっかり自分で予測しながら管理していく必要があると思います。
スナフキンさん
投資としてはFXをやっていたので同じような感覚でCFDも始めてみました。FXと細かく比べるとまだデメリットが多いような気もします。例えばFXの会社では信託保全が全社義務となっていますが、CFDではまだ義務となっていません。これからCFDを始める方はそういった点も比較してCFD会社を選択することをおすすめします。

CFDを行う主なサービスサイト

DMM.com
充実の7銘柄。取引手数料無料で口座管理費も無料です。全額信託保全で安心・安全な取引が可能。万が一、DMMが破綻した場合でも資金は全額保全されます。

GMO
5分ほどで無料で口座開設することが可能。取扱は4銘柄ほど。信託保全で万が一破綻した場合でも受益者代理人を通じてお客様に直接返還されます。